斬新で画期的なアスベスト除去工法「イーコン工法」の事なら、環境にやさしい協立技研株式会社まで。 TOPに戻る お問い合わせ
給排水設備
給排水設備工事とは

給排水設備は居住者のライフライン重要な設備です

各設備の構成

  • 給水設備(給水管・給水タンク・高架タンク・受水槽・給水ポンプ等)
  • 排水設備(排水管・通気管・排水処枡等)

次の設備も含まれます。

  • 給水設備(給湯管・給湯ボイラー・ガス湯沸し器等)
  • 衛生機具設備(洗面器、厨房機器、浴槽、大便器、小便器等)
  • ガス設備(ガス配管、厨房用ガスレンジ、ガス湯沸かし器、換気排気装置等)
  • 電気設備

住宅・マンションや各施設の給排水設備は

  • 給水設備・排水設備改修とは、建物の築年数の経過に伴い劣化し、日々老朽化し傷ついてしまいます。
  • 各設備機器の劣化を長年放置しておくと、水が出ない、漏水、漏電のような事故を招きます。
  • 適切な時期に、更新・更生工事を行うことが必要です。

工事イラスト

設備・配管機器類 一般的な耐用年数 更新・更生工事の目安 備考
受水層
高架水槽
FRP製 15~20年 架台含む鉄部
外面塗装10~20年
内面FRPライニング20年
鉄筋コンクリート 30~50年 架台含む鉄部
外面塗装10~20年
内面FRPライニング20年
揚水ポンプ
圧送ポンプ
陸上型 10~15年 オーバーホール10年
モーター連結型 8~12年 更新
消火ポンプ 陸上型 15~20年 オーバーホール10年
給水管 塩ビライニング 20~40年  
硬質塩化ビニール 40年 屋外露出 20年
ポリエチレン管 40年  
ポリブヂン管 40年 15~20年
排水 排水用鋳鉄管 40~60年  
配管炭素網管 30年
コーティング管 30年
硬化塩化ビニール 30年

※施工内容の差、屋外埋設の防錆処置、屋外の防凍処置の差などからくる外的要因は考慮していません。

安全で効率的な「イーコン工法」